日本の気候・風土にあった建築とは何か、その答えは伝統工法。古来から伝わる日本の建築法は、気候とともにまさに呼吸をするかのように安定した居住空間を作り出してくれます。

伝統的な工法だからと言って、決して古い雰囲気の家になるのではなく、モダンで新しい建築様式に伝統構法を取り入れるという、むしろ日本の最先端の建築とも言えるのです。

お知らせ


ホームページをリニューアルしました。

Twitter

Facebook